ジプシージャズってどんな音楽?

この音楽は1930年代に、音楽を生業としていたロマ民族のジャンゴラインハルト(Django Reinhardt 1910-1953)によって形成されました。
彼らは移動しながらの生活だったために使用する楽器はヴァイオリンやバンジョー、ギターなどの弦楽器のみでした。
そんな中で生活していたジャンゴが自分たちの民族音楽と当時彼が憧れたスウィングジャズを融合させて演奏したのが現在のジプシージャズになります。

ドラムもピアノも使えないため、リズムとハーモニーをギター1本で演奏します。これがこのスタイルの最大の特徴といって良いでしょう。
リズムも独特の奏法で通称「ポンプ」と呼ばれており、一見簡単そうなこの演奏は実は職人技なのです。笑
それゆえに他のジャズスタイルではあまりないことだと思いますが、トリオやカルテットでは多くの場合リズムギター専門のプレイヤーが入ります。
おそらく最も有名なポンピストは常にBireli Lagreneの伴奏を担っているHono Wintersteinでしょうか。
映画「永遠のジャンゴ」にも出演してセリフもたくさんあったあの筋肉の塊のような方です。演奏に筋肉はいらないと思っていますが、あの質量感は重要なんでしょうね。

管理人のポンプ愛が止まらなくなりそうなので話をもとに戻します。
ドラムとピアノの代わりになるリズムギターに加え、ソリストもまた同じギターなのです。ジャンゴはこのソリストでした。
当時PA設備なんて、ましてや外で演奏しているので、使えるはずもなく、リズムギターの音量に負けずにソロをとるために、大きな音の出る特殊なギターを弾きました。
それがSelmer製のギターでサウンドホールがDになっているものですね。後に穴が小さいOvalホールというモデルも作られ、それらが現在マカフェリギターとかセルマータイプとか
呼ばれています。しかし普通のアコースティックギターのように弾いても大きな音は出ません。奏法もまた特殊なのですが、これも奥が深いのでいつかのコラムで。

そしてリズムギター、リードギター、それにベースが加わり、もう一人ソリストが入る場合、同じ弦楽器であるヴァイオリンが入ることが多いです。
ジプシージャズで最も有名なのはギタリストDjango ReinhardtとヴァイオリニストStephane Grappelliのバンドであり、彼らの演奏に強く影響を受けています。
Grappelliと演奏しているDjangoはレコーディング中にGrappelliのソロにテンションが上がって「イェー!」なんて言っていることもしばしば。

と、ここまでフランス発祥、変わった編成、変わったギター、代表的なバンドの話をしましたが、想像以上にダラダラと書いてしまったため読む気も失せたでしょう。笑 ジャンゴの演奏している姿が唯一残された曲「Jattendrai」の貴重な演奏動画と、ジプシースウィングジャズの代表曲「Minor Swing」、そして古い音源は聴きにくいという方に、 現代の若手筆頭たちが1本のギターを交代しながら演奏するSelmer607の動画をどうぞ。100年弱の時を経て、ジプシージャズは多様な変貌を遂げました。

言い忘れていましたが、ジャンゴは家が燃えてそのとき左手の薬指と小指に火傷を負ってまともに動かせず、ソロは人差し指と中指の2本で弾いています。 ジプシージャズの和音や運指が特殊なのもそれに由来しています。

Movie